声優の専門学校でプロに転身|一覧で指標を決めよう

レディー

基礎をきちんと身に付ける

マイク

順調に羽ばたいていける

ますます活躍の場が増えている声優ですが、夢を実現させたいのなら専門学校へ通うのが一番の近道です。確かに、第一線にはオーディションなどを経由していきなり主役に抜てきされた声優も見られます。このルートは下積みの時代を通らない分だけすぐに活動がスタートできる利点を持ちます。ただ、声優として長く活動を続けたいのなら基礎をきちんと身に付けた方がいいのは事実です。基本的な部分がちゃんとできていれば新しい技術をどんどん吸収できますし、結果として多くの人からの評価を得やすくなります。また、専門学校は業界とのつながりが強いので、卒業をした後に仕事をもらいやすいのも魅力です。チャンスをいかせればそこから順調に羽ばたいていけます。

使わないのはもったいない

声優を養成するための専門学校は都市部を中心にかなり増えた印象です。ちなみに、声優の良し悪しが個人の価値観によるのからも分かるように、専門学校で学べるカリキュラムもそれぞれで大なり小なり違います。後々になって別の専門学校に行けばよかったと思わないためにも一覧にまとめてるホームページなどを活用しながら情報を集めるといいです。一覧で表示されている場合のメリットは比較が簡単な点です。単独だと特色が見えずらいですが、一覧にするとほかの専門学校との差がはっきりと出ます。自分のイメージにより近い専門学校に通った方が気持ちよく勉強できますし、困難にぶつかったとしても心を折らずに立ち向かって行けます。インターネットで検索をすればすぐに一覧で見られますから、こんな便利な手段を使わないのはもったいないです。

何を目的とするかで選んで

フィルム

映像のことを学ぶ場合、自分が何をやりたいのかを明確にした上で専門学校を選択しましょう。また、ある程度絞れたら見学にいくのも最適です。卒業生の進路をチェックするのも重要になっています。また、就職のサポートなどを見極めて選ぶとよいでしょう。

この記事を読む

音楽関係の仕事に就く

女性

東京の音楽専門学校は、多くの専門学科があります。プロのミュージシャンを目指すギターやヴォーカルその他の楽器の専門だけでなく、作詞・作曲、アレンジやレコーディングエンジニアなど、細かい分野に分かれていて専門に学ぶことができます。

この記事を読む

自宅がピアノ教室になる

演奏

オンラインでピアノレッスンを受ける場合は、鍵盤を撮影するためのカメラやパソコンなどが必要です。昔から習い事としてピアノレッスンは人気でしたが、オンライン化することで時間を問わず学べるようになりました。

この記事を読む